整体とタイ古式のお店 YURURI

無料ブログはココログ

健康づくり

元気な生活

「元気な方はどんな生活をしているのですか?」

と聞かれることがあります。

そんな時は、「元気な方は、睡眠をしっかりとって、

バランスの良い食事をとり、適度な運動をされています」

とお答えしています。

これは、簡単なようですが、やろうとするとなかなか難しいのです。

その為、何か変えられるものから徐々に変えていくように

お勧めしています。

実際に、睡眠は自分の思うようにしっかりとれていない方が

多くいらっしゃいます。

夜遅くまでお仕事されていたり、眠る前に考え事をしてしまうと

眠れなくなったり、睡眠が浅くなります。

元気な方は、あまり考え過ぎず、適度な運動で身体を動かして

いるので、夜もよく眠れているようです。

睡眠をしっかりとるには、布団に入る時間を一時間早めたり、

夜中にあれこれ考え事や悩み事をしないようにすることで、

改善される場合もあります。

また、冷えとも関係が深いので、身体を温めるというのも

良い方法だと思います。

食事の面では、自分の好きな物だけを食べて、バランスが

偏ってしまっている方が多い気がします。

食事は好きな物ばかりでなく、身体の為に嫌いな物も

とるようにすることで偏りが減っていくと思います。

運動は、疲れていたり、忙しかったりすると、なかなか

できない方が多いので、ストレス解消と思って身体を

動かすことで、案外楽な気持ちで続けられます。

まずはできることから試して、元気になってくださいね。

「整体とタイ古式のお店 YURURI」

札幌市西区発寒6‐9‐11‐23‐101
TEL 011-664-8823

胃腸の負担

食事をきちんととることは良いことです。

しかし、夜遅くに食事をとってすぐに就寝してしまうと、

胃が食べ物を消化ができずに、朝お腹がすいていない

ことがあると思います。

また、夜食べ過ぎて朝に胃がもたれたり、お酒を飲み過ぎて

胃に負担をかけてしまうことがあると思います。

このようなことを続けていると、胃の調子も悪くなり、

お腹がすいているのか、お腹がいっぱいなのかも

分からなくなる場合があります。

そうすると、食べても満足することがないので、

どんどん食事量が増える傾向になる場合があります。

また、食事の量が増えると、通常の量を消化するよりも

胃腸や身体に負担がかかってきます。

通常、胃腸は疲れてくると、食欲がないという信号を出して

休もうとするので、無理に食べてしまうと負担になります。

胃腸の負担を少し軽減するためにも、時々食事をとらずに

胃腸を休めて、お腹がすく感覚を取り戻すと良いのでは

ないかと思います。

僕も休日にはプチ断食をします。

日頃の調整も兼ねてやっているのですが、

断食後の食事はとっても美味しく量も普通に戻ります。

胃腸の調子が悪い方で、無理に食べている方は

食事を抜いて胃腸を休ませてみてはいかがでしょうか。

「整体とタイ古式のお店 YURURI」

札幌市西区発寒6‐9‐11‐23‐101
TEL 011-664-8823

普段の食事

「普段、食事でどんな物を食べているのですか」と

聞かれることがあります。

僕は、食事はなるべく野菜中心に食べるようにしています。

20代の頃に、脂っこい物や甘い物を中心にとっていた時、

肝硬変になる手前と言われてから食事には気をつけています。

ただ、野菜をサラダで食べてしまうと、身体が冷えてしまい、

お腹も冷えて調子を崩してしまうので、サラダなどの生野菜は

暑い季節以外は時々しか食べないようにしています。

特に、朝は温野菜で野菜をとるようにして、

身体を冷やさないように気をつけています。

温野菜は、電子レンジで過熱しているだけなので、

とても簡単で量もとれます。

野菜のバランスは、肉や魚1に対して3位の割合です。

野菜中心でバランスの良い食事をとっているけど、

調子が悪いという場合、生野菜で身体が冷えてしまって、

内臓に負担がかかっているかもしれません。

そんな方は、温野菜を試してみてはいかがでしょうか。

「整体とタイ古式のお店 YURURI」

札幌市西区発寒6‐9‐11‐23‐101
TEL 011-664-8823

睡眠

睡眠は、身体が疲れていたり、調子が悪い時などに、

疲れを回復したり、調子を改善させる大切な役割があります。

人は通常、疲れがたまると眠くなってきますが、

疲れがたまっても眠れない方が増えています。

自律神経の乱れだけでなく、眠る前にあれこれ考え過ぎたり、

激しい運動で身体や脳が活発になり過ぎても眠れなくなります。

ストレスや心配ごとを抱え込み過ぎることも、

内臓の動きを悪くして眠れない原因になります。

また、過労や夜更かしをしていると眠りたい時に眠れなくなります。

自律神経の乱れを感じている方は、三食しっかり食べて、

規則正しい生活するように心掛けましょう。

夜に考えごとをしてしまう方は、ある程度考えたらやめましょう。

考え過ぎると段々と不快になったり、不安な気持ちになります。

考え過ぎても同じことの繰り返しなので、前向きにいきましょう。

ストレスや心配ごとがある方は、ずっとその気分でいないように、

気分転換をして、頭を切り替えて、楽しい気分や嬉しい気分に

していきましょう。

仕事で過労や夜更かしになってしまう方、

仕事だけが生きがいではありません。

疲れたら休みましょう。お身体は大切です。

「整体とタイ古式のお店 YURURI」

札幌市西区発寒6‐9‐11‐23‐101
TEL 011-664-8823

身体への気持ちの影響

特に身体に負担をかけていないのに、体調が崩れる時があります。

そこには精神的な部分が関わっていることがあります。

例えば、悩みが多く、考えこんだりすると胃腸に負担をかけます。

怒りや緊張などの激しい感情が続くと、肝臓に負担をかけます。

絶望感や否定的な気持ちは心臓に負担をかけます。

内臓の調子が悪くなると、コリや歪みが出たり、

背中や肩、腰などに痛みが出てきます。

生活していると色々なことがありますが、

物事を深く考え過ぎず、クヨクヨせず、悩まず進みましょう。

前向きな気持ちこそ、健康に必要ですsign01

「整体とタイ古式のお店 YURURI」

札幌市西区発寒6‐9‐11‐23‐101
TEL 011-664-8823

姿勢の悪さと不調

身体の不調の原因の一つに、姿勢の悪さがあります。

良い姿勢だと、日常の動作によって身体にかかる負担は

少ないのですが、姿勢が悪くなると、筋肉や骨格に負担が

かかり、コリや歪みなどの不調につながってきます。

姿勢が悪くなるのは、日常生活の中での動作などが

一因となることがあります。

例えば、カバンや荷物をいつも同じ手で持っていると、

身体の片側だけに負担がかかって歪みやすくなります。

ディスクワークの際、前かがみの姿勢で長時間パソコン

の画面を見ていると、背中が丸まってしまったり、

睡眠中に合わない枕で横向きで寝ていると、首や背中に

負担がかかって歪んでしまったりもします。

このようなことは、普段少しずつ気をつけることで

だいぶ変わってきます。

何気ない動作や姿勢も、長時間だと身体に負担が

かかってしまいますので、少し気をつけてみてください。

「整体とタイ古式のお店 YURURI」

札幌市西区発寒6‐9‐11‐23‐101
TEL 011-664-8823

自分の身体の動き

皆さんは自分の身体の動きを確認したことはありますか?

僕は、時々自分の身体の動きをチェックしています。

例えば脚の場合、股関節や膝、足首を曲げたり伸ばしたりして

スムーズに動くかどうか、左右の脚の開く角度や可動域は

どうかなどを確認します。

肩や背中、腰の動きや可動域なども確認します。

そうすると、左右で差が出たり、動きにくい箇所があったり

することがあります。

そんな時は、内臓機能が低下していたり、睡眠不足や疲労

などでコリが出ていたり、骨格の歪みが出ていたりして、

身体のバランスが崩れているのです。

僕は、それを時々自己調整して、身体のバランスをとるよう

にしています。

身体に痛みが出ると調子が悪いと実感できるのですが、

それまでは身体の不調を感じにくいかと思います。

身体の不調は、少しずつ出てきているので、

皆さんも時々、身体の動きをチェックしてみてください。

「整体とタイ古式のお店 YURURI」

札幌市西区発寒6‐9‐11‐23‐101
TEL 011-664-8823

スポーツと身体の負担

先日の世界体操で内村さんが跳馬の演技でケガをされました。

スポーツ選手は、いつもケガと紙一重のところで競技を

行っているんだと思います。

僕も柔道をやっていたので、競技を長く続けていくことは

とっても大変な事だと実感しています。

長く続けていると、どうしてもその競技特有の動きや使い方で

身体に負担がかかり、ケガをしたりします。

今、スポーツ選手を定期的に施術させていただいています。

練習で疲れている時や大会後には、その競技特有の

疲労だけでなく、首や腰や、背中など全身にコリや歪み、

痛みが出ています。

この状態を放置して、また練習や大会に出ることは

身体にかなりの負担をかけることになります。

僕も柔道している時に、腰を痛めたことがありますが、

今考えるとケガをした状況は、やはり身体に無理が

かかっていた状態で起こったことだと思います、

スポーツをされている方は、練習後や大会後には

身体の負担を軽減して、ケガを防いでいきましょう。

整体とタイ古式のお店 YURURI

運動後のストレッチ

僕は、休日にランニングやウォーキングをして足腰を鍛えていますrun

とっても気分転換になり、日頃の運動不足解消にもなっていると思います。

休日に運動をする時、僕はいつも気をつけていることがあります。

それは、運動後のストレッチですsign01

特に、足のふくらはぎや太ももをかなり入念にストレッチします。

一度ストレッチをやらなかったことがあったのですが、

その次の日に重だるくて、動きが悪くなったことがあります。

スポーツ後は硬くなった筋肉を伸ばして、楽しく運動しましょうclover

整体とタイ古式のお店YURURI

睡眠と冷え

良い睡眠がとれない方には、色々な理由があると思いますが、

一つの原因として身体の冷えが考えられます。

僕は、身体が冷えてくると、睡眠の質が悪くなり、

疲れがとれなくなる時があります。

身体が冷えると自律神経のバランスが悪くなり、

交感神経が優位になり、休息に必要な副交感神経の

働きが悪くなります。

その為に、寝てもぐっすり眠れなくなります。

寒くなってきたので、僕も身体を冷やさないよう、

食事や飲み物は冷たい物を控え、重ね着して

冷えないようにし、良い睡眠を目指したいと思います。

より以前の記事一覧