整体とタイ古式のお店 YURURI

無料ブログはココログ

« 12月の営業について | トップページ | 睡眠 »

身体への気持ちの影響

特に身体に負担をかけていないのに、体調が崩れる時があります。

そこには精神的な部分が関わっていることがあります。

例えば、悩みが多く、考えこんだりすると胃腸に負担をかけます。

怒りや緊張などの激しい感情が続くと、肝臓に負担をかけます。

絶望感や否定的な気持ちは心臓に負担をかけます。

内臓の調子が悪くなると、コリや歪みが出たり、

背中や肩、腰などに痛みが出てきます。

生活していると色々なことがありますが、

物事を深く考え過ぎず、クヨクヨせず、悩まず進みましょう。

前向きな気持ちこそ、健康に必要ですsign01

「整体とタイ古式のお店 YURURI」

札幌市西区発寒6‐9‐11‐23‐101
TEL 011-664-8823

« 12月の営業について | トップページ | 睡眠 »

健康づくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1057264/72278283

この記事へのトラックバック一覧です: 身体への気持ちの影響:

« 12月の営業について | トップページ | 睡眠 »